WSBKがいよいよ開幕!タイムスケジュールとコース紹介&アンケート結果と海外のギャンブラーたちの予想!


いよいよ明日、スーパーバイク世界選手権の2019年シーズンが開幕します。
今シーズンSBKクラスは1つのROUNDで3レースが開催され、トリプルヘッダーとなるので例年とは違うタイムスケジュールとなっていますのでご注意ください。
2019年シーズン開幕ということで、各チームとライダーの体制が変わっています。
各クラスの参戦リストですが、SBKクラスはこちらのページ、SSPクラスはこちらのページにまとめていますので、参考にしてください。
また、今シーズンより変更されたレギュレーションはこちらのページに、SBKクラスの回転数制限についてはこちらのページにまとめています。
今日は、明日開催されるWSBK 第1戦 オーストラリアROUNDのコース紹介と、当ブログで行っていた"WSBK シーズン開幕前アンケート"の結果と海外のギャンブラーたちの予想、開幕戦のタイムスケジュールについて紹介したいと思います。


WSBK 第1戦 フィリップアイランド・サーキット コース紹介

オーストラリア・ビクトリア州のウェスタンポート湾の入り口に浮かぶフィリップ島では、1920年頃から公道を利用した四輪レースが行われ、1931年に初めて二輪レースが開催されました。
1956年にレーストラックを建設し、1970年後半から1980年前半に渡ってサーキットが放置されましたが、1985年に500万豪ドルを投じた改修工事を実施しました。

1989年に初のオーストラリア・グランプリがフィリップアイランド・グランプリ・サーキットで開催。
1991年からの6年間はオーストラリア最大の都市シドニーに位置するイースタン・クリーク・レースウェイで開催されるのですが、その後1997年に7年振りに復帰すると、開催日程に定着しました。
2004年に、サーキットの所有者であるリンフォックス・プロパティ社が300万豪ドルを投資して安全面の改修工事を実施しています。

海に近い立地上、風が強いが、高速で流れるようなレイアウトは、ライダーたちから人気が高く、毎年スペクタクルなバトルが展開されます。


全長:4.445km
コーナー数:12(右コーナー:5 左コーナー:7)
コース幅:13m
ホームストレート:900m

パッシングポイントはホームストレートから1コーナーの区間、4コーナー、7コーナーから8コーナーの高速切り返し区間、下りとなる10コーナーです。


さて、当ブログで実施していた"WSBK シーズン開幕前アンケート"の結果ですが、こんなマイナーなブログの企画に参加してくれて有難うございました m(__)m
期間中、皆さんの投票してくれた結果やコメントを拝見し非常に楽しかったです。

アンケートの結果ですが、賭けにならないレベルで ジョナサン・レイが圧倒的な得票数で1番人気となりました。

WSBK 2019年シーズン タイトル獲得ライダー 予想アンケート結果


ジョナサン・レイは誰もが認めるライディングが綺麗でライディングの上手いライダーなので、ファンも多いので納得の結果です。

レイに投票した方たちのコメントをまとめてみると、Kawasaki ZX-10RRの安定した速さに加え、レイのテクニック、チームとライダーの繋がりも長くカワサキ レーシング チーム自体のチーム力も優れていること。
異常なハンデを背負わされずに済むのならば、バウディスタでもレイとKAWASAKIの牙城を崩すことは難しいだろうという意見でした。



2番人気のアルバロ・バウディスタは、マックス・ビアッジ、カルロス・チェカ、ニール・ホジソン、ジョン・コシンスキーのようにSBKに移籍して大成功するのではないか?
昨年のMotoGPでワークスマシンに乗って2位を獲得したことから期待できるとの意見がありました。




3番人気の我らが日本人選手の清成 龍一選手は、期待票という感じがしますが期待票で3番人気に入れるという事は、それだけ皆さんが応援しているんだと思います。



同じく3番人気はトム・サイクスでした。
サイクスに関しては投票した方からのコメントが少なかったのですが、カワサキ時代からの根強いファンによる得票と、今までのテストが好調だったことから3番人気となったと予想します。

そして、海外のブックメーカー(ヨーロッパの賭け屋)大手のbet365でも年間タイトル獲得ライダーのオッズが出ました!

ブックメーカーによるWSBK 年間タイトル獲得ライダー 予想オッズ


海外のギャンブラーたちの見解でも、1番人気はジョナサン・レイで1.44倍、2番人気はアルバロ・バウディスタで4.50倍となっています。
3番人気は当ブログと異なり、チャズ・デイビスが8.50倍、4番人気にレオン・ハスラムが11.00倍となっており、今シーズンもKawasaki VS Ducati の構図になるという見方のようです。


さて、後出しで申し訳ないのですが、私はバウディスタが2019年シーズンのタイトルホルダーと予想します。
理由としては、やはりパニガーレV4RがMotoGPのデスモセディッチをベースとしたマシンで、既にテストで十分な速さを見せつけている事と、バウディスタがSBKの車両への乗り換えに全く影響が出ていないこと。
現ゼネラルディレクターのジジ・ダッリーニャが2013年にアプリリアからドカティに移籍してきた際は、2気筒のパニガーレで戦っていました。
その2気筒マシンを改良しながら昨年まで戦ってきたのですが、今回のV4マシンは最初から天才メカニックのジジ・ダッリーニャが関わっている事もポイントです。



さらに、シーズン開幕前に突如発表されたエンジン回転数についても、「ホモロゲーション車両のレブリミット+3%の回転数がリミットととして設定された」と言われていますが、ZX-10RRの14,600回転に対しパニガーレV4Rは16,350回転と、全てのメーカーの中でも突出した回転数です。
ドカティが優遇されているかどうかは 定かではありませんが、同じ排気量で回転数が高いという事や開幕直前テストの結果を見ても、一番パワーが出ていると見て間違いないと思います。

ジョナサン・レイが特別なライダーで、強いのは私も十分理解しています。
しかし、バウディスタもMotoGPクラスのホンダ時代から一発の速さを持っていましたし、昨年のフィリップアイランド戦ではワークスマシンで2位を獲得しています。
よって、ライダーとしてもバウディスタは十分速いと思いますし、私は2019年シーズンのSBKクラスのタイトルライダーはアルバロ・バウディスタと予想します!
※けど、清成選手とサイクスを応援しようと思います。

最後に、明日開幕を迎えるWSBK 開幕戦のタイムスケジュールに関してですが、以下の通りとなります。



WSBK 第1戦 オーストラリアROUND タイムスケジュール


2月22日(金)
8:30~9:20 WorldSBK - FP1
9:30~10:15 WorldSSP - FP1
13:00~13:50 WorldSBK - FP2
14:00~14:45 WorldSSP - FP2

2月23日(
8:00~8:20 WorldSBK - FP3
8:35~8:55 WorldSSP - FP3
10:15~10:40 WorldSBK - スーパーポール
10:55~11:20 WorldSSP - スーパーポール
13:00~   WorldSBK - レース1

2月24日(
7:30~7:45 WorldSBK - WUP
7:55~8:10 WorldSSP - WUP
10:00~   WorldSBK - スーパーポール レース
11:15~   WorldSSP - 決勝レース
13:00~   WorldSBK - レース2



人気ブログランキング

コメント